自動車保険は今の契約で大丈夫か

車を運転する人すべてに加入が義務づけられている自動車保険ですが、自賠責保険と任意保険の2種類があり、自賠責保険は被害者のけがに対して支払われるものですが、賠償額には上限があり、加害者が死傷した場合には自賠責保険からは一切支払われません。それは被害者救済のための保険という位置づけだからです。このことからわかるように、被害者、加害者ともに補償が足りないのは明らかです。その不足分を補うものが任意保険で、自賠責保険から支払われる分を差し引いた分が任意保険から補償されます。それだけでなくそのほかにも、車や家屋などの財産など自賠責保険では補償できない部分を補ってくれます。たとえ命にかかわらない事故であっても加害者だけでなく、被害者の双方の負担は大きくなるのが現状です。

輸出販売

八王子 美容院

作曲依頼

浮気調査 カウンセラー

大泉学園 歯科